So-net無料ブログ作成
検索選択

格安SIM 比較 音声通話 [格安SIM 比較 価格]

格安SIMでの音声通話は大抵が30秒20円の従量制となっています。

格安SIM事業者によっては専用アプリを使用しての通話によって

半額の30秒10円にしてくれる事業者もあるので月に通話が1000円程度使用する方はぜひアプリを使って下さい。


IIJmioの場合は「みおふぉんアプリ」楽天モバイルの場合は「楽天でんわ」等となっています。


格安SIM 比較 カード [格安SIM 比較 料金]

格安SIMを申し込む際にはSIMカードの形状を確認しておきましょう。

SIMカードは通話や通信をするのに必ず必要なICカードで

iPhoneなら右側面・Androidなら電池パックを外した内面や電池パックが取り外せない機種は

丈夫にSIMカードの挿入口があることが多いです。


SIMカードは三種類の形状があり

SIMカード > micro SIMカード > nano SIMカードの順に小さくなっています。



形状が違うともちろんスマホに入らずに通信が出来ないので申込時には

自分のスマホのSIMカードの大きさを確認しておきましょう。



最初から一番小さいnano SIMカードを申し込んでSIMカードアダプターで

大きさを調整するといった方法もありますが

抜き差しする時に基盤内部に入り込んでしまう場合もあるので

SIMカードアダプターで使用する際は注意しましょう。


格安SIM 比較 節約 [格安SIM 比較 プラン]

格安SIMを使うと通信料を節約できます。

ドコモの場合は一番安くても月2GBのデータプランSの組み合わせで月額6500円かかりますが

格安SIMの場合(DMMmobile)は月間2GBの通話プランでも月額1470円で済んでしまいます。


差額はなんと5030円!年間だと60360円も安くなっちゃいますよ!

これはもう格安SIMに切り替えるしかないですね。



もう少し詳しく格安SIMの内容を書いたページがあるので紹介します。

一度見てみて下さいな。


    ↓

格安SIM 比較


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。