So-net無料ブログ作成

格安SIM 比較 mvno [格安SIM 比較 mvno]

格安SIMでよくみるMVNOってどんな意味かご存じですか?


これは直訳すると仮想移動体通信事業者と言って

mobile virtual network operator(モバイル バーチャル ネットワーク オペレーター)と読みます。

意味は大手キャリアであるMNO(mobile network operator:移動体通信事業者)のアンテナなどの通信回線を借り受けて通信サービスを提供している事業者のことなんです。

自社で通信設備を持たないためコストを低くすることが出来るので格安で通信サービスを提供出来るというのが強みです。

ただ、ネットでの申込がほとんどなので対面でのサービスを受けるにはドコモなどの大手キャリアと比べるとサポート体制が弱いのはデメリットになりますが

その点を苦にされない方であれば通信料金削減の強い味方になってくれるのが格安SIMです。



格安SIM 比較 フリー [格安SIM 比較 フリー]

格安SIMを使う上で絶対に必要なのはスマホですよね。

SIMフリー端末を新たに購入するのもいいですがドコモのスマホを持っている方なら

そのまま流用することも出来ます。SIMロック解除の必要もありませんので別途料金もかかりません。


あ、UQ-mobileの利用を検討している方はドコモスマホは使えないので注意して下さいね。


格安SIM 比較 紹介 [格安SIM 比較 紹介]

今回は格安SIMの紹介キャンペーンをご案内☆

IIJmioのみおふぉんは友達を一人紹介すると月額料金が500円割引になるんです。

ということは

二人紹介で1000円割引、三人紹介で1500円も割引されちゃいます。


紹介されて方は二ヶ月間データ通信量が10%アップでおとくに使えます。

3GBプランなら3.3GB

5GBで5.5GB

10ならなんと1GBプラスの11GBも使えちゃうんです。


周りでIIJmioや格安スマホを検討してる方がいるのなら絶対紹介した方がイイですよ☆





格安SIM 比較 人気 [格安SIM 比較 人気]

格安SIMは数多くの事業者がサービス展開をしていますが個人的におすすめしたいのは

IIJmio(アイアイジェイミオ)とDMM Mobile(ディーエムエムモバイル)です。

この2社はドコモ回線を使用している格安SIM事業者ですが

IIJmioはドコモから直接回線を借り受けている事業者でDMM MobileはIIJmioから回線を借り受けている事業者です。

とすると孫借りしているDMM MobileはIIJmioよりも通信速度が遅いと思われがちですがそんな事はありません。

格安SIMの通信速度を比較しているサイトでもDMM Mobileの速度は遅いわけではなくトップクラスの通信速度を誇っています。

まだユーザー数がIIJmioよりも少ないと言う点もありますが元々の通信品質が良いのでこの様な結果が出ているんだと思います。




格安SIM 比較 2015 [格安SIM 比較 2016]

今年2015年は格安SIM元年と言ってもいいほど格安SIM事業者のオープンが相次いでいます。

こうなった背景にはMVNOで使う回線使用料が値下げされたことに起因しています。

要はドコモへの回線の貸出料が安くなったんです。



ドコモ社員に話を聞いてみましたが格安SIMは流行っていてドコモだけ儲けてるイメージが

ある様ですが実際には回線使用料が安くされて

なおかつ自社で使える回線の数も減って余り旨味がないそうです。


今後も回線使用料の値下げが続けば良いですが

総務省の意向次第なところが大半なのでまだまだ先行き不透明ですね。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。